桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

重要部検査を終えたC12-66号機、炎天の本線試運転

仕事が忙しく、しばらくぶりの更新である…(^^;

大宮工場にて重要部検査を終えたC12-66号機…数か月ぶりに本拠地にて罐に火が入った。

DSC_0480_convert_20170815235501.jpg
本線試運転前の和やかなひと時…。

DSC_0499_convert_20170815235630.jpg
2017-7-20 試6001レ 真岡鐡道 多田羅-市塙
梅雨明け前の炎天下、踏みしめるように試運転を行うC12-66。

市塙停車中に中村寺カーブへ先回り。

DSC_0504_convert_20170815235729.jpg
同日同上 真岡鐡道 市塙-笹原田

茂木駅へ到着後、同乗していた大宮工場の検修員さんたちも交えて各部の点検を実施。
いつもの運転日と同じく、午後の復路へ備え昼休憩…

DSC_0512t_convert_20170815235910.jpg
C12-66も石炭と水を補給、一休み。

DSC_0533_convert_20170816000305.jpg
同日 試6002レ 真岡鐡道 茂木-天矢場
復路一発目は久々に天矢場のお立ち台へ…
身を乗り出して、足回りの動きに目をやる検修員さんが印象的だった。

DSC_0556t_convert_20170816000458.jpg
同日同上 真岡鐡道 西田井-北真岡
ラストカットは西田井駅の近くに向日葵が咲いているところから…
ちょっと煙がスカスカすぎるが、夏のことなので致し方ない…(苦笑

これにて打ち止め。
C11-325は今後全般検査も控えている…しばらくはC12-66が先頭に立つことが多そうで何よりである♪

スポンサーサイト
  1. 2017/08/16(水) 00:43:22|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<内房にて外房にあらず、ブルーオーシャン外房号……の回送 | ホーム | 緑深まる北上線、DE10重連によるチキ工臨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiraho1896.blog.fc2.com/tb.php/286-a8900b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (238)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (21)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (55)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (26)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (15)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク