桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

緑深まる北上線、DE10重連によるチキ工臨

北上工臨が走るとの報を受け、車を軽に乗り換えて初の仙台以北へ…
最近の軽ワゴンは天井が高いので、これが辛うじて軽でも長距離運転していける要因でもあるようだ…(^^;

三陸道に入ってすぐ、陸前山王駅が左手に見えてくるのだが、構内でED75がチキへの連結作業している、
「よし、これは確定だ」とそのまま東北道へ進み、一ノ関へ。

DSC_0030_convert_20170707224059.jpg
2017-6-19 東北本線 一ノ関
まずは構内にてエンジン始動から仕業点検を見学、運転士一人で2機のDE10を始動、点検していく様子を
じっくり観察できた。

DSC_0053t_convert_20170707224155.jpg
各点検完了し、出区していくDE10-1647+1759

陸前山王からED75に牽かれてきたチキへのバトンタッチを見学した後、北上線へ先回り。
はじめ錦秋湖と絡めて撮ろうと思っていたのだが、思いの外水位が低く茶色の湖底がむき出し…
これはちょっと…と場所を変え、ほっとゆだ駅の先、小繁沢の田んぼ端へ三脚を据えた。

DSC_0087t_convert_20170707224912.jpg
同日 工9793レ 北上線 ほっとゆだ-ゆだ高原
緑深まる北上線を行くチキ工臨…
久々に北上線へ来たが、やはりこの路線は良い♪

通過後追跡を開始、列車を横目に抜きつ抜かれつを繰り返しながら相野々付近で追い抜けた。

DSC_0109t_convert_20170707224826.jpg
同日同上 矢美津-横手

これを撮って打ち止め、
すぐ近くまで来たので、例により阿櫻酒造へ立ち寄り美味しそうな新酒を購入、帰途へ就いた。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/08(土) 00:22:57|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重要部検査を終えたC12-66号機、炎天の本線試運転 | ホーム | 西金工臨小変化、快晴を行く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiraho1896.blog.fc2.com/tb.php/285-8e01aaac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (242)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (23)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (16)
常磐線 (55)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (27)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (16)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク