FC2ブログ

桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

さらば2機のDE10、旅立つ姿を渋川にて見送る

JR貨物新鶴見機関区川崎派出

もっぱらJR東日本の宇都宮運転所に所属するDE10を水郡線などで追いかけまわしているため、
私にとっては正直馴染みの薄い所属名であった…

そんな川崎派出から貴重な元九州色を纏う2機のDE10がEH200に牽かれて東新潟へ配給されるという…
今回配給されたのは1153号機と1556号機。
前者はともかく後者の1556号機は昨年の2月、特大貨物用のシキ801を牽くために常磐線を走ったことがあるし、
私も単機回送ながら高浜の築堤でその姿を撮っているので、馴染み薄いなりにも気になっていた…

仕事にキリが付いたので、昼時の北関道を一路高崎へ急ぐ。
伊勢崎を過ぎると右手に赤城山、さらに奥には谷川岳も見える…!
一瞬「水上の手前まで入り込むか…?!」とも考えたのだが、夕方から曇ってくるという予報と、
配給列車のスジ的にも厳しいかもと断念、渋川のインター近くで見送ることにした。

DSC_0042t_convert_20160223150453.jpg
2016-2-22 741M 上越線 八木原-渋川
まずは先行電で構図を決める、デジは水上方面、ポジは赤城山方面に向けてスタンバイ。
やがて踏切が鳴り、配給列車がやって来た。

DSC_0043t_convert_20160223150350.jpg
同日同上 配8789レ
ゆっくりとした足取りで新潟へ…陽が沈む頃には、あの雪山の向うである。
ほとんど撮ることなかったが、長い間お疲れ様でした…

…今後も同様に、関東から姿を消すDE10やDE11も少なからずあるのだろうなァ…
スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 16:16:40|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<常磐七面山は梅の薫り、偕楽園より415系1500番代を撮る | ホーム | 冬晴れの東北本線、韋駄天走りの赤べこマヤ検>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shiraho1896.blog.fc2.com/tb.php/236-47148995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (255)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (24)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
仙山線 (1)
山形線 (1)
磐越西線 (5)
米坂線 (3)
水郡線 (81)
磐越東線 (20)
常磐線 (58)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (5)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (7)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (29)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (18)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (25)
親父のニコン (10)
回顧録 (15)

リンク