桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

雪の磐越東線、決死の大滝俯瞰

暖冬とは言いつつも、降るときは降るようである。
ライブカメラで降雪の塩梅を見ていたが、いわき周辺でもそれなりに積もっている…
これは行ける!と夏井川渓谷の大滝へ向かった。

DSC_0468t_convert_20160130231811.jpg
2016-1-30 737D 磐越東線 江田-川前
川前~小川郷で線路確認をしていたため約30分遅れてやってきた。

すぐにパンして構え直す。

DSC_0471t_convert_20160130234703.jpg
空転しているのかずいぶんエンジンを吹かしながらゆっくりと走っていた。

この2カット撮った後下山、大滝の滝つぼへカメラを構え直す。

DSC_0474t_convert_20160130234817.jpg
同日同上 732D
こちらもいつになくゆっくりと走ってきたいわき行きの3連。
雪景色の大滝カットを頂戴できた。

これにて打ち止め、機材をしまって足を引きずりながら大滝を後にした…

…今回の撮影時、俯瞰場所へ向かうガレ場でうっかり枯れた立ち木をつかんでしまい、その拍子で約30メートル滑落した。
滑り落ちた場所があと左右2メートルも違っていたら、ガレ岩に頭を打ち付け最悪死んでいたかもしれない…
体力だけを頼りに山へ分け入るとどうなるのか…その怖さを身をもって体験した。

命あってこそ趣味は楽しめるもの…今後気を付けたい。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 00:38:50|
  2. 磐越東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大寒の頃、雪の北上線へホキ配を追う

今冬最強の寒波に襲われる日本列島…暖冬ではなかったのか…(;'∀')

大寒の21日、北上線へホキ配給を撮るべく北上した。
常磐道から仙台北部道路を経由して東北道を北進、宮城県を越えて岩手県へ至ると、
雪が目立ち始め、北上JCTから秋田道へ入ると去年来た時同様、見事な雪景色になった。

DSC_0438t_convert_20160126051015.jpg
2016-1-21 雪????レ 北上線 ほっとゆだ-ゆだ高原
ホキ配の前に運良く撮れたのがENR1000による排雪列車!
ほっとゆだ駅を横切った時、構内に居るのがちらっと見えたので、慌てて大野台へかんじき履いて踏み込んだ。
排雪作業は往路でほとんど済んでしまったのか、復路はほぼ回雪状態でやってきたが、いい記録になった(^^♪

撮影後、ホキ配を撮るべく錦秋湖の辺へ…
除雪によりうず高く積まれた雪の上によじ登って三脚を据えた。

DSC_0444t_convert_20160126051105.jpg
同日 配9793レ 北上線 ゆだ錦秋湖-ほっとゆだ
さらさらのパウダースノーにジョイント音ですら消されてしまうような静けさの中を、
郡山を出場してきた東能代常備のホキ2車を牽いて、デーテンが行く…
以前から撮りたかった雪景色の錦秋湖と赤トラス橋…編成は短いとはいえ、満足であった。

撮ったら追跡開始!
ツルテカアイスバーンの国道107号を、庄内ナンバーの大型トラックに後ろから煽られながら相野々へ。
路面は凍結しているが、乾いているからか先日の磐城石川チキ工臨を追いかけた時と比べたら
全然タイヤ噛んでたし、滑らなかった…(苦笑

DSC_0450t_convert_20160126051218.jpg
同日同上 北上線 相野々-矢美津

このカットにて打ち止め、とりあえず2枚切り取れたのでヨシ。
身体も冷えてしまったので、巣郷温泉で日帰り温泉浸かってリフレッシュ☆
以前購入して以来すっかりその味に魅了されてしまった横手の銘酒「阿櫻」も購入し、帰途についた。
  1. 2016/01/26(火) 20:58:04|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極寒の雪中施工、磐城石川チキ工臨

少し更新が遅れてしまった…(^^;
暖冬傾向と言われていたが、寒気の南下と南岸低気圧により、首都圏を含めた広い範囲で雪が降った。

そんな中、前日常陸大子へ送られたチキが、予定通り施工されるとの一報を頂き、
仕事も休みになってしまったし、冬タイヤに履き替えた愛車の脚慣らしも兼ねて水郡線へ向かった。
山方宿を越えた頃には、冷雨の中に雪が混じり始め、常陸大子へ至ると雪景色に変わった…
そのままR118を北上するが磐城塙を過ぎると路面上にも雪が積もっており、しかも湿った雪で
冬タイヤを履いていても走るのに難儀する状態に…
これは棚倉から先へは危ないと判断、近津の跨線橋で工事列車を待った。

DSC_0405t_convert_20160122171015.jpg
2016-1-16 工9893レ 水郡線 磐城塙-近津
雪景色の中、約40分の遅れを伴いながら、一旦磐城石川へ向かうチキ工臨。
見えにくいが、撮影時は横殴りの雪が降っていた…

DSC_0408t_convert_20160122172518.jpg
同日 工9892レ 水郡線 中豊-近津
自分の中で定番になった第11橋梁もごらんの積雪。

DSC_0409_convert_20160122171452.jpg
今回の取り卸し場所は近津駅構内。
列車到着前に取り卸し場所を確保するために、保線員さん総出で雪掻きがされた。
いつもより一仕事多い…作業の大変さもうかがえる…

DSC_0413_convert_20160122171342.jpg
新品レールの上に積もった雪も搔く。

DSC_0415t_convert_20160122171544.jpg
雪の中に佇むチキ工臨。

DSC_0424_convert_20160122171748.jpg
気温は1℃、冷たい雨と冷たいレール、それでも変わらず正確、迅速に作業をこなす保線員たち。

DSC_0426tt_convert_20160122171930.jpg
寒さを紛らわすかのように、この日はいつも以上に作業員同士で声を出し合っていた。

作業現場をスナップ撮影した後、返空を撮るべく磐城石井の手前の仲花地区へ…
暖冬の影響か、各地で梅の開花が進んでいるそうだが、ここにも花が咲いた梅の大木を見つけた。
家主の方に許可をいただき、カメラを構えて返空列車を待った。

DSC_0428t_convert_20160122172014.jpg
同日同上 水郡線 磐城塙-磐城石井
まさしく“雪中梅”、まさか水郡線で雪と梅の花×デーテンが撮れるとは思わなかった…
あ、でも桜×雪は撮ったことあるか…(^^;

DSC_0430_convert_20160122172141.jpg
同日同上 水郡線 西金-下小川
裏路地のホーロー看板とデーテン。

DSC_0434t_convert_20160122172225.jpg
同日同上 水郡線 下小川
ダイヤの乱れにより交換列車が遅れていたため、もう一枚撮れた。

…この後の返空列車は遅れを回復すべく韋駄天走行、必死に追っても差は開くばかりで結局逃げられてしまった(^^;
天気も良くないのでそのまま撤収。

それにしても、あのコンディションで無事作業を完了させた現場作業員さん達には本当に脱帽である…!
  1. 2016/01/23(土) 09:06:33|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わる客車の両数、SLもおかあれこれ

水戸線の鬼怒川橋梁にてC12-66の配給列車を撮ったら、真岡鐡道へ移動。
天気もぬる晴れから空気も抜けて快晴に転じてくれた、これはシルエットを狙いたい♪
益子の小貝川橋梁にてカメラを構えた。

CSC_0388_convert_20160111231253.jpg
2016-1-11 6002レ 真岡鐡道 益子-北山
白煙を残しながら、SLもおか号が行く…
C12の配給に伴い、この日のSLもおか号は客車の両数を1両減らしての運転…
ほぼ橋梁上で全編成収まってしまったw

撮ったら真岡駅で停車しているうちに折本の先へ…。

DSC_0390t_convert_20160113182702.jpg
同日同上 真岡鐡道 折本-下館二高前
今度は真岡で客車もう1両増結してDE10も付いてきた☆
いつもと違う光線下で回6100レを撮っている気分だったw
…とはいえSLの重連運転の時も、復路の真岡-下館間はこうなるんだけどね…(^^;

DSC_0393t_convert_20160113182746.jpg
同日同上 6103レ
〆は夕陽ギラリを狙ったが、立ち位置の読みが外れてそこまでギラッとはならなかった(苦笑

これにて打ち止め、機材を片付け撤収した。
初めてSLの配給を撮り追ってみたが、大手と私鉄の共同による組成作業はなかなか見ごたえがあったな…♪

  1. 2016/01/13(水) 18:45:29|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬晴れの鏡開き、SLもおか号珍編成にてC12臨配

この日は真岡鐡道へ。
C12-66が大宮工場へ臨時入場するそうなのだが、
なんとSLもおか号の回送列車の中に組み込んで下館へ回送されるそうだ。

八木岡は混むだろうと踏んで、折本の先、八反田踏切に三脚を構えた。
待ち始めこそ空いていたが、通過時刻が迫れば迫るほど追っかけが集まり始め“黒山のテツだかり”に…
空を見上げれば、少々ぬるいが晴れてくれそうだ…!

DSC_0331t_convert_20160111225723.jpg
2016-1-11 回6100レ 真岡鐡道 折本-下館二高前
DE10-1535に無動のC12+50系2両+有火でC11!なんとも珍しい編成!!
ホームの有効長の関係で通常3両の50系が1両減車されているのも面白い♪

DSC_0332t_convert_20160111225918.jpg
下館に到着したC12-66、無火だといつも車庫の中に収まっているので、
こう屋外で見れるのは嬉しい…しかもDE10付きでw

DSC_0340t_convert_20160111230012.jpg
間もなく、C12-66をエスコートするために、水戸からDE10-1604が下館へ入線。

DSC_0342_convert_20160111230051.jpg
到着すると、JRの運転士さんと入換掛さん、真岡鐡道の機関士さんが入換手順の確認。

DSC_0345t_convert_20160111230221.jpg
水戸線の普通電車が出た後に、入換作業を開始、入換掛さんの真剣な眼差しがカッコいい!

DSC_0359_convert_20160111230326.jpg
水戸線の本線を跨いで、真岡線の留置線へ入線したDE10-1604。
JR、真岡鐡道の職員さんが連携して、組成作業を進める…!

DSC_0368t_convert_20160111230503.jpg
DE10-1604がC12を連結し、DE10-1535がC12を解結、組成完了!
それぞれのDE10のエンドが違うのも嬉しいw

DSC_0369t_convert_20160111230702.jpg
JR東日本宇都宮運転所に所属するDE10-1604のハンドルを握る、真岡鐡道の機関士さん…
DE10なので使い勝手は同じだろうが、なかなか面白い光景だった。

DSC_0379_convert_20160111230809.jpg
水戸線へ転線するために牽きだされるC12-66…
2社共同による入換作業は、滞りなく完了した。

下館で入換作業を撮影した後、鬼怒川橋梁へ移動。
川岸のテトラボットに噛り付いて配給列車を待ち構えた。

DSC_0380t_convert_20160111230939.jpg
同日 臨配9732レ 水戸線 川島-東結城
DE10のB+Cと、C12の1C1…リズミカルなジョイント音を響かせながら、
ゆっくりとした速度で鬼怒川を渡ってゆく配給列車…。

これにてC12の配給列車の撮影は打ち止め!
昼飯を済ませて益子へ向かった。


…久々に…続く!
  1. 2016/01/12(火) 01:34:51|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年の撮り初め、鹿島貨物を北浦橋梁にて

今年に入って最初の更新である。
喪中につき新年の挨拶は控えさせていただくが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

朝方は曇っていたが、昼前になる頃には霞んではいるものの青空が広がった。
ふとネットを覗いてみると、どうやら鹿島貨物に原色が就いているそうだ…
昼飯を平らげ、昼休みの腹ごなしに北浦へ向かった。

DSC_0300t_convert_20160109161448.jpg
2016-1-8 1094レ 鹿島線 鹿島神宮-延方
空コキ無し!満載のコンテナ貨車を引っ提げて原色のEF65-2121が北浦橋梁を行く!
少々光線が弱いコンディションだったが、荷の載り具合は満足である♪

撮影したら機材を片付けて仕事現場へとんぼ返りした(苦笑

今年の撮り初めとしては幸先は良かったかな…(‘ω‘ *)
本年も「桃浦停車場-ももうらすてんしょ-」をどうぞ宜しく!
  1. 2016/01/09(土) 16:30:50|
  2. 鹿島線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (235)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (21)
釜石線 (3)
北上線 (7)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (54)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (7)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (26)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (15)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク