桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

感激の撮影行、常磐路に「みちのく」駆ける!

ついにこの日が来た…!

583系秋田車による常磐出張の最後を飾るは、
かつて上野-青森を結び、北海道連絡の一翼を担った特急「みちのく」である。
同列車は私が生まれるちょうど1年前に廃止となってしまったそうだが、
“朱色地にこけし”の絵柄が渋いヘッドマークに、「ゆうづる」にも勝る憧れを抱いていた…
そんな憧れの特急が走るというのだから、運転が発表された時は飛び上がるくらい嬉しかった。

だから尚更気合は入る!
勝田からいわきへの送り込み回送は午後なのに、もう居ても立ってもいられずに早朝より国道6号を北上、
まずは勝田車両センターへ立ち寄り、583系にご挨拶。


2015-6-28 勝田車両センターの敷地外より撮影
渋い…!
「みちのく」のヘッドマークを掲げ、出庫の時を待つ女王…カッコいい!!
しばらく望遠レンズ越しに見とれてしまった…♪

撮影後、国道6号をさらに北上し3日連続の北茨城入り、二ツ島トンネルの飛び出しポイントへ。
さすがにこの時間じゃまだスタンバイしている人はいないだろうと思っていたが、
現地へ着いてみれば既に数名が待機しており、慌てて三脚を立てて場所を確保した…(汗

天気は午前中こそ晴れ間もあったが、悪い予報はよく当たるもので…午後になるにつれて雲は増し、
海風も強まってきて気温も下がり、薄手の服装では肌寒いくらい…愛車に籠ってひたすら待つ。
そしていよいよ送り込み回送の通過時刻、カメラをセットしてアングルを決めると、
トンネルの向うからタイフォンが木霊した。

DSC_0990t_convert_20150630001145.jpg
2015-6-28 回9531M 常磐線 磯原-大津港
ヨシ!!!
まずは文字幕の「みちのく」をいい塩梅で頂戴できた!
…直前にタイフォンが鳴らされたが、カバーが閉じた瞬間が切り位置で助かった…(汗

撮ったら次がいよいよ大勝負…絵幕側の「みちのく」を撮るべく、野口雨情生家の裏へ。
緩やかなアウトカーブを駆けてくる「みちのく」を正面から狙う…!
恐いのはやはりタイフォンカバー…運転士のストレスにならないよう、茂みに隠れてカメラを構えた。
間もなく通過時刻、海風に乗ってタイフォンが聞こえると、踏切が鳴った…さァ来い!

CSC_1002.jpg
2015-6-28 9702M 常磐線 大津港-磯原
ヨシ!!!!
…もう感激である…撮れて良かった…!!

機材を片付けて追跡を開始、「みちのく」は割と停車駅が多く、余裕で追い抜いけた。
次に向かったのは水戸線の稲田~福原の定番ポイントだったのだが、低く分厚い雲に露出がどんどん低下…
ダメ元で撮ってみたが「みちのく」はブレブレ、おまけにタイフォン全開であった…(苦笑
「まァ先程のカットがあるし良しとするか」とカメラを片付けて帰途についた……

と、北関道の笠間西ICに向かうべく福原方面へ向かっていると…

なんだ?!まだ福原駅に「みちのく」が停まってる!?

どうやら同駅で交換する下り普電が遅れているようであった。
慌てて駅裏へ乗り付けると、ちょうど遅れていた下り普電が入線してきた、
「間に合わないかー…!」と諦めようと思ったが、近隣に住むの子供たちが集まり、
「みちのく」を見送ろうと手を振っている……咄嗟に50単レンズを装着し、カメラを構えた。

DSC_1007t.jpg
2015-6-28 9702M 水戸線 福原
福原駅を発車していく「みちのく」に「バイバーイ!」と無邪気に手を振る子供たち…☆
子供たちの見送りと、明るいレンズのおかげでとても良い一枚が撮れたと思う…♪
最後は私も一緒に手を振って、常磐路を駆けた女王を見送った。

このカットを以て、回送を含めて4日に及ぶ常磐線の583系撮影行が終わった…。
梅雨の時期ということもあり、終始天気は残念ではあったが、充実した撮影が出来た♪
願わくば、「ゆうづる」として、再び常磐線を快走してくれることを……次回があればだが…
スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 01:57:13|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

583系「ひたち」、梅雨空の常磐路を駆ける

ついに583系による「ひたち」が走る!
もう天気がどうのこうのとは言わない、その雄姿を撮ることに集中する。

勝田から上野への回送は、正月平とも迷ったのだが、移動時間を考慮して水内道にて出迎える。
しとしとと霧雨が降る中待っていると、遠く恋瀬川を渡る轟音とタイフォンが聞こえてきた…!


2015-6-27 回9430M 常磐線 高浜-神立
んんんん!寝ぼけた痛恨の串パン!(苦笑
しかし「ひたち」の文字幕を掲げて上野を目指す583系…!カッコいい!!

通過後、追跡を開始、特急退避のため神立で停車している間に土浦電留線横へ向かう。
と、神立駅前の信号で止まっている隙に一枚!

DSC_0956_convert_20150628000902.jpg
土浦の奥座敷、神立に佇む583系…橋上駅舎になる計画があるだけに、いい記録になった。

CSC_0978tt.jpg
土浦電留線横をかすめて行く583系
昭和60年に開催されたつくば科学万博の際、エキスポドリーム号の停泊場所として、この土浦電留線が使われたそうな…

このカットにて送り込み回送は打ち止め、上野からの返しを撮るべく高浜へ向かった。
前日のハンドル訓練が終わり、勝田車両センターに入区した後「ひたち」のヘッドマークが貼り付けられたのだが、
上野方は文字幕、そしていわき方は絵幕が貼られたので、ならばここで撮ろうと思ったのである。

DSC_0974t.jpg
同日 9031M 常磐線 高浜
おおおおおおおお!!絵幕もカッコいい!!!
しかもL特急マークも入っている…!小粋だ♪
それにしても、普段は静かな高浜のホームが、あんなに賑やかになったのは初めて見た気がする…(^^;

撮ったら急いで北茨城へ向かう。
撮りたかったのは二つ島のトンネル飛び出し!
ギリギリのところで間に合い、先客の方の足元に構えさせてもらった。

DSC_0975t_convert_20150628000951.jpg
同日同上 常磐線 磯原-大津港
ヨシ!!
…昨日のうちに俯瞰で撮っておいて正解だった…!

これにて本運転分は打ち止め。
勝田への回送を野口雨情生家近くで撮ろうと思っていたのだが、構図が厳しく断念、
二つ島の跨線橋からも考えたが、こうも霧が多いと霞んでしまう…それならばと
前々から気になっていた南中郷の手前、足洗にある塩竈神社より撮ってみることに…

DSC_0976t_convert_20150628001030.jpg
同日回9630M 常磐線 磯原-南中郷
こちらも通過ギリギリまで構図に苦慮したが、梅雨ならではのしっとりとしたカットが撮れた……かなァ…(苦笑

これにて今日は打ち止め、機材を大事にしまって帰途についた…
そして翌日はいよいよ「みちのく」…!
  1. 2015/06/28(日) 01:16:52|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

常磐路に吹く蒼い風、583系ハンドル訓練

週末のひたちとみちのくに備えて、583系を使用したハンドル訓練が実施される…!
天気は芳しくないが、雨が降らないだけ御の字である…自然と足は北茨城へ向く。

まずは磯原の俯瞰ポイントへカメラを構えた。
海からの湿気で五浦半島は霞み、水平線は見えにくいが、それでもここで一枚切り取りたかった…


2015-6-26 試9531M 常磐線 磯原-大津港
いやァ、画になる…!
そもそもこのアングルで583系が撮れるなんて夢のよう…

通過後、いわきからの返しを撮るべく勿来の関へ。
はじめ平潟漁港の鵜ノ子岬から撮れるかな?と確認してみたが、
どうも写り込む物が多く、列車も小さいし途切れて見えてしまうので却下。
次に勿来切通しの上にある抜けから撮ろうとこちらも確認してみたが…木々の成長著しく断念、
結局、もう一つ勿来寄りの小高い山の斜面によじ登り、さらに木登りもしてアングルを求めた…
仕事柄木登りは得意だが、まさかこんなところでもスキルを発揮するとは思わなんだ…(^^;

<DSC_0944t_convert_20150627004752.jpg
同日 試9730M 常磐線 勿来-大津港
勿来海水浴場を横目に、切通し区間を行く583系のハンドル訓練。
霞んでしまうのは仕方ないが、やはり海が入るアングルは良い…!

撮影後斜面を駆け下り追跡を開始、水戸線へ向かう。
ハンドル訓練は友部より水戸線へ入り、結城で折り返してくる。
まずは宍戸の先の八反山で一枚。

DSC_0946t_convert_20150626234359.jpg
同日同上 水戸線 宍戸-笠間
うーん!寄って撮ってもカッコいい!

列車はそのまま結城へ向かい、こちらは結城からの返しに備えて沿線をウロウロ…
季節が季節なので、紫陽花を絡めたスナップが一枚欲しかった。
と、羽黒の手前、加茂部の道端に見事なまでに紫陽花が咲いている一角を見つけ、迷わずカメラを構えた!

DSC_0948t_convert_20150626234500.jpg
同日 試9731M 水戸線 羽黒-福原
見事なまでの紫陽花の群。
おそらく近隣住民によって管理されているのであろう…素晴らしい群生と花付き♪
もうお腹いっぱい…!

DSC_0949t_convert_20150626234600.jpg
同日同上 水戸線 福原-稲田
最後はギリギリのところで間に合った稲田神社下で〆!!

最後は雨に降られてしまったが、こんなにも583系が撮れた嬉しさの方が大きい一日であった☆
  1. 2015/06/27(土) 01:26:08|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おかえりなさい、常磐線を583系が行く!

かつて常磐路を駆けた女王が、遠路遥々常磐線へやってきた。
ずっと撮りたかった583系である!

当時は幻といわれた「ひたち」と、いぶし銀の名列車「みちのく」が、週末にイベント列車として運転される…
今日はその回送が行われ、仕事を一区切りつけた後、道具箱の中に忍ばせておいたカメラを抱えて
荒川沖~土浦にあるプリマハム工場の下へ向かった。


2015-6-25 回9433M 常磐線 荒川沖-土浦
とうとう常磐線で583系が撮れた…回送とはいえ感激である…!

CSC_0938t.jpg
凛々しき横顔…堪らんなー!!

わくわくドリーム号は何度か撮っているが、やはり地元路線で撮れるのはとても嬉しい…♪
  1. 2015/06/25(木) 22:40:19|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花潤う芳賀路、SLもおか号梅雨を駆ける

梅雨入り宣言後、このところ梅雨らしい日が続いている。
久々に息子と真岡へ出掛けた。

まずはいつものように真岡から茂木までSLに乗車、その後真岡へ戻って沿線へ。
車窓から益子の小貝川沿いに紫陽花が咲いているのが見えたので、そこへ行ってみた。

DSC_0934t_convert_20150623233210.jpg
2015-6-21 6002レ 真岡鐡道 益子-北山
鮮やかな青の紫陽花と小貝川を渡り行くSLもおか号。
この日は往路からあまり煙が出ないそうだったが、この場所ではうっすらながら煙が出てくれた…(^^;
  1. 2015/06/24(水) 00:45:27|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨空の水郡線、磐城石川チキ工臨

朝から雨で仕事が潰れた…
出勤途中で連絡がきたものだから、恰好もそのままに水郡線へとハンドルを切る←

前日、新品レールを積載したチキが水戸から常陸大子へ送り込まれた。
久々の磐城石川チキ工臨である♪
まずは磐城石川への往路を11橋梁で撮ろうと近津へ。


2015-6-12 工9893レ 水郡線 近津-中豊
ヨシ、まずは一枚切り取れた(^^♪

列車は定刻よりも8分ほど遅れて通過…の割には随分とのんびり走っているなァと追跡を開始。
信号2つ分逃げられていて、これは浅川より先は間に合わないかァと追っかけていると、
磐城棚倉の先で、上りの普通列車とすれ違った…
たしか磐城浅川で上り下りが交換するスジだったと思うが…それにしては早すぎやしまいか…?
もしかして…と先日から気になっていた某所へ向かってみる…

DSC_0896t_convert_20150612224402.jpg
同日同上 水郡線にて
案の定であった★
工事列車が遅れたため、本来磐城浅川で交換する予定を、磐城棚倉で交換と手配されたようだった。

このカットにて往路は終了、磐城石川からの復路に備えて横山地区へ移動。
天気も芳しくないので、街道沿いに佇む女神さまの石仏を構図に入れて切り取ってみた。

DSC_0899_convert_20150612224440.jpg
2015-6-12 工9892レ 水郡線 磐城石川-里白石
私の住む地域ではあまり見かけない石仏なのだが、土地柄からして“淡島様”を彫ったものだろうか…合掌。

今回の取り卸し先は里白石と磐城浅川の間。
去年の夏にあったチキ工臨の時とほぼ同じ場所であった♪

DSC_0902_convert_20150612224548.jpg
ユニックで山越器をセッティング

DSC_0906_convert_20150612224910.jpg
息の合った作業により、新品レールが次々と卸されてゆく

DSC_0915_convert_20150612225057.jpg
こうやって本線上で堂々と取り卸せるのも、水郡線ならではであろうか…

現場を見学してから昼食、塙にある白河屋でラーメンを食す♪
レールを卸し終えて身軽になった返空列車を、東舘の駅先で迎え撮る。

DSC_0928t_convert_20150612225210.jpg
同日同上 水郡線 東舘-矢祭山
最後に晴れカットが欲しかったが…今回も天気には勝てなかった…(苦笑

このカットにてこの日は打ち止め、大子で入換を見学してから帰途についた。
  1. 2015/06/12(金) 23:59:00|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

流れる雲との睨み合い、水郡レトロ号2日目

水郡レトロ号2日目、この日の予報は日の出前から晴れ…ならば早出で沿線へ!
が、空気中に湿気が残っているのか、中舟生から先は山の上部から雲が湧き下りてくるコンディション…
晴れれば上小川の4橋で撮りたかったのだが、晴れることを期待して前進止メ、舟生橋に三脚を据えた。
思いのほか川風が強く肌寒い橋上…
いやらしく湧いて太陽を遮っては千切れていく薄雲を睨みつけながら、間もなく通過時刻…
ふと正面の盛金富士からうっすらと青空が広がってきて、薄雲も切れて太陽が出てきた☆
川音の中にタイフォンが聞こえると、国鉄急行色のキハが姿を現した!


2015-6-7 回9820D 水郡線 下小川-中舟生
ヨシ!!
ようやく晴れカットを頂戴できて一安心…(^^;

撮影後、ラストカットをどこで撮ろうか模索…
あらかた撮りたいアングルは撮れたが、ほとんどが俯瞰や遠目からの撮影…編成写真が1枚欲しくなった。
となれば布陣先は決まった…下野宮へ。
三脚をセッティングし終えた時点へは快晴だったのだが、通過時刻が迫れば迫るほど雲の量がどんどん増えて真っ暗に…
列車は定時より遅れて大子を発車、間もなく下野宮…「千切れろ!千切れろ!」と空に念を送るが無情にも踏切が鳴った…
「あー…ダメかー…!」
しかし、諦めかけたその瞬間、やおら雲の隙間から太陽光が射し込んできた…!間に合え!!

DSC_0877t_convert_20150609153124.jpg
同日 9327D 水郡線 常陸大子-下野宮
晴れた!!いやァ間一髪であった!(^^;

2日間、水郡レトロ号として水郡線を駆けたキハは郡山へ到着後、そのまま磐越西線を経由して新津へ回送された。
それにしても、国鉄急行色があれほど水郡線の風景に溶け込むとは…
機会があれば、また水郡線を走ってほしいものである♪
  1. 2015/06/09(火) 17:39:12|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの水郡レトロ号、緑深まる奥久慈に追う

国鉄急行色のキハ40・47形が水郡線へやってきた!
「懐かしの水郡レトロ号」初日を撮り追うべく、常陸大子へ。

明け方まで降った雨は止み、空も明るくなったが…どうも安定した晴れは期待できないようだ…
ならば曇りの方が都合のいいところで撮ろうと、下野宮の七曲りへ向かった。


2015-6-6 9327D 水郡線 下野宮-矢祭山
周囲の山々にタイフォンを木霊させながら、第7橋梁を行く水郡レトロ号。

すぐさま立ち位置を変えて…

DSC_0845t_convert_20150608174431.jpg
同日同上 後追い
緑深まる久慈川沿いを行く…
それにしても風景に溶け込むなァ~…♪

撮影後、上小川の第4橋梁へ…
この日の水郡線は西金工臨も設定されており、DE10が常陸大子から西金へ単機回送されるのである♪

DSC_0850t_convert_20150608174522.jpg
同日 単1890レ 水郡線 袋田-上小川
川べりに繋がれた木舟を構図に入れて単回を切り取ってみた☆

単回を撮ったらそのまま西金工臨へ流れようかとも思ったが、「そういえば…」と気になったポイントを思い出し、
常陸大子へとんぼ返り。
常陸大子-下野宮間にある矢田トンネル先でキハの回送を迎え撮る!

DSC_0861t_convert_20150608174640.jpg
同日 回9324D 水郡線 下野宮-常陸大子
野上原にある照田トンネルにも似た雰囲気の矢田トンネルから飛び出してきたキハ。

このカットを以てこの日は打ち止め。
ダメ元で西金工臨を追いかけてみたが、安定しない天気に泣かされ曇りカットになってしまったので非掲載…(苦笑
翌日の水郡レトロ号2日目に備えて帰宅した。
  1. 2015/06/08(月) 18:29:26|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしの国鉄色、キハ40・47形送り込み回送を追う

水郡線にてキハ40・47形を使用した臨時列車が設定され、非常に楽しみにしていた☆
その送り込み回送が、磐越西線は新津から郡山、水郡線へ転線し常陸大子へ至るというロングランで実施された。

晴れるかもという予報を期待して、早朝の常磐道を会津へ向けて愛車を走らせる。
が、磐越道の会津坂下IC‐西会津ICが集中工事により昼夜を問わず通行止めになっていた(汗
予定では徳沢界隈で撮りたかったのだが、時間的に間に合わないと諦め、
野沢-尾登の間で飯豊連峰が見える場所を見つけてカメラを構えた。


2015-6-5 回9224D 磐越西線 野沢-尾登
腹に響くようなタイフォンを木霊させながら、キハが駆けてゆく。
天気も晴れずに曇り空だったが、以外にも周囲の山はすっきりと出てくれていたかな…

通過後追いかけたが、どうもここで撮りたいというところが見つからず、一ノ戸橋梁もスルー…
結局ダラダラと走ってる間に会津若松まで下りてきてしまった…(苦笑
これならいっそ水郡へ行ってしまおうと、そのまま郡山を抜けて水郡線は矢祭山へ先回り。
矢祭山公園の駐車場に車を停めて、山に登る身支度をし、矢祭山の反対側にある桧山へ分け入った。

DSC_0821_convert_20150606175616.jpg
同日 回9324D 水郡線 東舘-矢祭山
例年より雨が少なく、川底が見えるほど減水してしまった久慈川を渡るキハ。

列車が足元を走っていくうちに立ち位置を変えて…

DSC_0824t_convert_20150606175701.jpg
同日同上 水郡線 矢祭山-下野宮
今回の回送でどうしても撮りたかったアングルがこれ!乙女ヶ越の断崖とキハ!
…ただやはり久慈川の水量が少ないのがちょっとねぇ…(^^;

このカットにてこの日は打ち止め。
下山したらいつものように鮎信で奥久慈しゃものぼんじりとつくねを食して帰路に就いた。

  1. 2015/06/06(土) 18:29:34|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水無月入りの水郡線、空ホキ配給

6月初日、朝方の曇り空も澄み渡る青空に…梅雨前の貴重な晴れである。
訓練用のホキ配給があるということで、水郡線へ向かった。

ちょうどこの日は全国的に鮎釣りの解禁日だったようで、清流久慈川もその例外ではなく♪
平日とはいえ多くの釣り人が、竿の先におとり鮎を泳がせ川面を見つめている…
まずはこの光景を取り入れて撮るべく、袋田の測水所からカメラを構えた。


2015-6-1 単9891レ 水郡線 上小川-袋田
やおら鉄橋を渡る音に耳もくれず、じっと竿先を睨む…
今年も鮎の季節がやってきた♪

通過後、すぐ傍に最近オープンしたばかりのピザ屋でお昼☆
あまりにも美味くてぺろりと平らげてしまったw
腹ごなしをしながら以前友人が突き止めたという俯瞰ポイントへ行ってみた。

DSC_0802t_convert_20150602235632.jpg
同日 単9890レ
背後に聳えるは生瀬富士、素晴らしい眺望であった☆
ここは紅葉の頃にも来てみたいね…

撮影後、西金で空ホキを連結している間に先回り、前から撮りたかった山方宿のオーバークロスへ。

DSC_0806_convert_20150603003728.jpg
同日 配9890レ 水郡線 山方宿-野上原
雲一つない青空の下を、4両のホキを牽いてDE10が駆け登ってゆく。
ようやく堤カットを切り取ることができた…強いて言えば田植え直後の頃に狙いたかったけれど、それはまた来年…(苦笑

さてさて勝負はここから、急いで車に飛び乗って照田へ向かう。
ホキは空とはいえ、照田トンネルまでの勾配ではガクッと速度が落ちるはず…!
交差点を曲がって線路を見れば、でかしたギリギリ間に合った!

DSC_0808t_convert_20150603000618.jpg

DSC_0810t.jpg
同日同上 水郡線 野上原-玉川村
来る途中に見かけて是非撮りたかったのがコレ。
色づいた麦畑、その場でカメラを右に振ってポピー畑…同じ立ち位置で2枚頂戴できた♪

最後は瓜連で停まっている間にナザレ園の裏へ。

DSC_0813t_convert_20150603000813.jpg
同日同上 水郡線 瓜連-常陸鴻巣
編成が短いと構図に余裕ができていいねw

なんだかんだで西金-水戸間は4枚撮れて上々であった☆
夕方までもってくれた天気にも感謝である。
  1. 2015/06/03(水) 00:56:59|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (239)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (22)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (55)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (27)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (16)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク