桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

雨の奥久慈に宿る炎、C61-20火入れ式

水戸を経由して常陸大子へと配給されたC61-20…
生憎の天気の元、駅構内に於いて安全を祈願する“火入れ式”が挙行された。

今回は紹介したい画像が多いので、ダイジェストでお送りする。


2014-11-26 水郡線 常陸大子駅構内にて
まず式典にあたり、検修庫の中に留置してあるC61をデーテンが牽引して屋外へ引き出し、祭壇傍へ留置。

CSC_0027_convert_20141126213412.jpg
区名札挿しから配給札を抜き取り、水戸機関区を表す[水]の区名札を挿入。

CSC_0030_convert_20141126213506.jpg
大子の鎮守、十二所神社の禰宜様による祝詞神事が開かれ、安全を祈願。

CSC_0031_convert_20141126213544.jpg
大子町長により、火室に火が入れられた。

CSC_0041_convert_20141126213835.jpg
約半日に渡って罐焚きが行われ、徐々にボイラーから湯気が噴き始めてきた…!

CSC_0040_convert_20141126214118.jpg
公募によって採用されたヘッドマークも掲出された。

CSC_0035_convert_20141126213927.jpg
ボイラーが十分焚き上がったところで、構内にて試運転を実施。
雨天で気温が低いだけに噴き出すドレンがすごい!

CSC_0037_convert_20141126213959.jpg
ひと際素晴らしい噴出をした瞬間!

CSC_0038_convert_20141126214043.jpg
数回構内を往復した後、C61は検修庫に入庫、明日からの試運転に備える。

結局一日雨に降られて体の芯から冷え切ってしまったが、やはり巨体のC61…
小規模の試運転でもその迫力はすごかった…。
スポンサーサイト
  1. 2014/11/26(水) 22:12:22|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水郡線80周年記念運転へ動き出す、C61配給列車

水郡線が全線開通して今年で80年…それを記念し、C61が水郡線を走る…!
24日、その記念列車の主役が、始発前の常磐線を水戸へ向けて回送された。


2014-11-24 配9381レ 常磐線 羽鳥
EF81-97にエスコートされ、羽鳥駅にて停車する配給列車。

DSC_0892t_convert_20141124175025.jpg
まさか自宅から30分の羽鳥駅でSLが撮れる日がくるとは…

約10分停車の後、列車はゆっくりと発車していった…
出来れば水郡線内まで撮り追いたかったが、仕事の都合で撤収…深追いは適わなかった。
  1. 2014/11/24(月) 18:16:13|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SLもおか号に初乗車、休日の親子鉄

2歳になる息子は、私やテレビの影響で鉄道好きに目覚め始めている…(^^;
…まァ鉄道に限らず“乗り物”に興味が出始める年頃なのであろう。

3連休の真ん中、子守がてら真岡鐡道へ息子と二人で出掛けてみた。
真岡駅に到着すると、ちょうどキューロク館から49671号機がデモ走行を始めていたので、
間近で見学、圧縮空気を使ってとはいえ、やはり動くと迫力がある…息子も大興奮である。

DSC_0863t_convert_20141123194350.jpg
2014-11-23 真岡鉄道キューロク館、スハフ44-25車内にて
羊蹄丸の船内から運び出され、真岡で展示されているスハフ44の車内でスナップ

この後、SLもおか号に初乗車、終点茂木まで汽車に牽かれて車窓を楽しんだ。
茂木からは普通列車で真岡まで戻り、そこからは愛車で撮影に繰り出す。

DSC_0871t_convert_20141123194542.jpg
同日 6002レ 真岡鐡道 真岡-寺内
西日を浴びて八木岡を過ぎてゆく。

DSC_0882t_convert_20141123194624.jpg
同日 6103レ 下館二高前-折本
今日の6103レは、下館駅での機関車展示による関係で前後にSLが付き、プッシュプルにて運転された♪
雲が心配だったが、通過直前に晴れてギラリと輝いてくれた☆

息子と親子鉄をするのが夢だったが、こうも早く実現してしまうとは…w
今度は家族みんなで乗りたいな…(^^♪
  1. 2014/11/23(日) 21:00:57|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋の夏井川渓谷、大滝にて落ち葉掃き列車を狙う

紅葉のピークはすっかり里にまで下りてきてしまい、渓谷の広葉樹の葉はいよいよ枯れ落ちている…
前回の撮影時、目の前で列車に通過されてしまい悔しい思いをしたアングルに再び挑むべく、
飽きもせず夏井川渓谷へ…。

夏井川渓谷には、背戸峨廊や篭場の滝の他に「大滝」と名の付く滝がある。
とはいっても案内板があるわけでもなく、路肩の藪の中に続く獣道をかき分けながら川岸に降りることによって
初めて辿り着くことができる、まさに“知る人ぞ知る滝”なのである…。

目当てのアングルへはどうしたって川を渡らねばならない。
いつもなら普通の地下足袋だが、今日は勝手が違う…
スパイク付きの地下足袋を履き足元を固めて、なるべく水深の浅い場所を狙いながら夏井川を渡った。

滝を落ちる音に周りの音をかき消されながら、いつものごとくヤモリの様相…
じっ…とファインダーを覗きこみながら息を殺す…。


2014-11-17 試単9726レ 磐越東線 川前-江田
ヨシ!!!!
残した宿題を無事消化できた♪
…列車と滝を一緒に撮れる場所といえば烏山線が有名だが、ここ磐越東線にも、ある!
…足滑らせたら命は保障できないけど…

DSC_0854t_convert_20141117175833.jpg
同日 試単9739レ
復路は同じ江田~川前の大滝踏切の傍で撮影。
見事に色づいたヤマモミジとデーテンを絡めてみた☆

このカットを撮影後、この日は撤収。
名残り紅葉の夏井川渓谷を、いつもよりゆっくりと見巡ってから帰宅した。
  1. 2014/11/17(月) 18:58:44|
  2. 磐越東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋の水郡線、色づく鷲ノ巣

今月に入ってからは磐越東線へ通い詰めており、水郡線とは御無沙汰であった。
水郡沿線の紅葉もそろそろ終わりそうだとの一報に、慌てて上小川へ出向いてみた(^^;
上空を見やれば雲は湧いてはいるが、なんとか抜けそうだ…
装備を固めて久々に大沢口へ登ってみた。


2014-11-14 333D 水郡線にて
まずは赤3連…たしかに鷲ノ巣の紅葉もギリギリ残っているようであった…危ない危ない…

DSC_0823t_convert_20141115105531.jpg
同日 単9890レ
そして本命のデーテンの単回。
ホキ工臨の返空から常陸大子へ単回後、構内にある転車台の動作確認を行ったそうで、
なんとも良い時間帯に水戸へ戻ってくれたのである…♪
空に雲は多いものの、月居山から長福山にかけての稜線もくっきり…どこかしらに雲影が落ちるかとも思ったが、
終始陽が当たってくれて御の字だった☆
  1. 2014/11/15(土) 11:31:09|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磐越東線の落ち葉掃き列車、再び追う

紅葉もピークを越え、間もなく本格的な落葉へ…
今シーズン2回目の磐越東線、落ち葉掃き列車を追った。


2014-11-10 試単9726レ 磐越東線 三春-要田
往路1カット目は、磐越東線のメジャー処であるハルカメのトンネルS字から。
この時間は陽が全体に回ってこないね…(苦笑

DSC_0790_convert_20141110190214.jpg
同日同上 磐越東線 小野新町-夏井
2カット目は一貫清水の鉄橋にて。
…だいぶ葉が落ち始めている…

この後、復路を夏井川渓谷の大滝で撮ろうかと思ったのだが、前回の通過時間より10分も早く列車が来てしまい、
スタンバイしている目の前を通過されてしまった…
手痛い撮りこぼしである…

DSC_0793_convert_20141110201122.jpg
同日 試単9739レ 磐越東線 川前-夏井
気を取り直して復路1カット目は宇根尻地区を夏井川の対岸から望遠で…
山里らしい1枚になったかな…?それにしてもヤマモミジの紅色が鮮やかである!

DSC_0795_convert_20141110201207.jpg
同日同上 磐越東線 夏井-小野新町
更に追っかけて小野新町の手前で2カット目。
即席で見つけた場所だが、なかなかいい感じではなかろうか…w
背後の県道も通り過ぎる車がなくて良かった♪

DSC_0797_convert_20141110201406.jpg
小野新町で止まっている間に軽くスナップ…
木造の階段建屋やホームの坪庭、国鉄フォント…ここはまだ昭和の面影が残っている。

DSC_0798_convert_20141110214440.jpg
同日同上 磐越東線 小野新町-神俣
復路3カット目は上郷から右に羽山、左に大滝根山を入れて。
雲一つない快晴の下、デーテンが郡山を目指す。

DSC_0802t_convert_20141110220029.jpg
同日同上 磐越東線 船引-要田
4カット目は要田の手前でギラリ狙い…ちょっと狙いが外れたかな…(苦笑

DSC_0813_convert_20141110201303.jpg
同日同上 磐越東線 要田-三春
そしてこの日のラストカット、前回通過間際に太陽が雲に隠れてしまった熊耳トンネル飛び出しで〆
今日はコテコテの西日を浴びながらデーテンが飛び出してきた。

前回の運転で大よその通過時刻は把握できたので、今度は質を上げていきたいところであるが…
やはり大滝で仕留められなかったのが惜しかったなァ……(/_;)
  1. 2014/11/10(月) 22:09:48|
  2. 磐越東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

秋色に染まる夏井川渓谷、磐越東線の落ち葉掃き列車を追う

東北の各地では紅葉のピークを迎え、それに併せて落ち葉掃き列車の報せも出てきている。
今日は磐越東線にて今シーズン初となる落ち葉掃き列車が運転されるということで、
逸る気持ちを抑えつつ常磐道を北上、福島県は夏井川渓谷へ向かった。

先月末にロケハンで訪れた時よりも木々の紅葉が進み、まさに今が盛り♪
曇ったら撮ろうと決めていたポイントに到着すると、地下足袋に安全帯とナイロンザイルも装備して、
久々にヤモリの様相、夏井川の岩壁にへばり付いた。
流れる川の音でとにかく列車の接近が分からない…
川前通過時刻を過ぎてからは、息を殺してファインダーを覗き続けた。

DSC_0748t_convert_20141105220339.jpg
2014-11-5 試単9726レ 磐越東線 川前-江田
ヨシ!!
まずは撮りたかったカットが切り取れて一安心。
岩壁をよじ登って、復路に備えて場所を移動…

DSC_0751t_convert_20141105220448.jpg
同日 試単9739レ 江田-川前
復路最初のカットは牛小川のトンネル飛び出し。
駆ければ追いついてしまいそうなほどの低速で、緩い勾配を登ってゆく…

通過後、追跡を開始。
この日の磐城街道は、紅葉狩りの観光客で交通量が比較的多かったのだが、
列車がとてもゆっくりと走るので、すぐに追いつき追い越してしまった(苦笑

DSC_0763t_convert_20141105220530.jpg
同日同上 磐越東線 川前-夏井
2カット目は小田代の一軒家を入れて後追いで。

DSC_0767t_convert_20141105220611.jpg
同日同上
またすぐに追い抜いてしまったので、踏切待ちながら更に1枚♪

DSC_0769t_convert_20141105220652.jpg
4カット目、こちらも以前ロケハンした時に目星を付けていたポイント…
…もう少し下に振って川入れれば良かったかな…

列車は小野新町で停車、その間に次のポイントへ。

DSC_0770t_convert_20141105220738.jpg
同日同上 磐越東線 小野新町-神俣
新町街道の跨線橋から1枚。

その後追っかけつつ沿線でポイントを探索してみたが、どうもこれだ!というアングルが見つからない。
そのうち太陽も西へ傾き、山陰にドボンしてしまう場所が増えてきてしまった…

DSC_0777t_convert_20141105220847.jpg
同日同上 磐越東線 要田-三春
結局要田の陸橋に落ち着いたが、通過間際になって今度は雲に夕方の良い光線を遮られ、
薄暗カットでこの日は打ち止めとなった(苦笑


それにしても普段脚の速い水戸機のデーテンを撮っているからか、落ち葉掃き列車のゆっくりさにはとても驚いた。
しかし、それが安全な運行を支える為の大切な仕事なのだから、頼もしい限りである。
  1. 2014/11/05(水) 23:58:01|
  2. 磐越東線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

霜月の頃、峠の番人クモヤ743を見送る

先シーズンまで奥羽本線(山形線)の落ち葉掃き列車として鉄路を守っていたクモヤ743-1。
しばらく福島駅の一角に留め置かれていたが、何らかの理由で米沢まで回送されるとの情報を頂戴し、
夕方の東北道を北上した。

向かったのは山形線の庭坂駅。
かつては難所の板谷峠へ挑む福島方の要所として、庭坂機関区が置かれ活気ある駅だったそうだが、
現在は無人駅、広い駅構内に足を踏み入れてみれば、驚くほどの静けさであった…

DSC_0724_convert_20141104221100.jpg
2014-11-3 回9441M 奥羽本線(山形線) 庭坂
同じく情報を聞きつけ集まった御同業達でにわかに活気付く庭坂駅に、ゆっくりと滑り込んできたクモヤ743-1
青いクモヤは何度か撮ったことはあるが、赤いクモヤは今回が初対面であった♪

DSC_0743_convert_20141104221447.jpg
つわものの後ろ姿
所々塗装が剥げ、くたびれた車体…しかしいぶし銀の貫録である…!

DSC_0744_convert_20141104221532.jpg
尾灯の光跡を引いて、山形新幹線"つばさ”が先を行く。

DSC_0745_convert_20141104221612.jpg
そして定刻、先行くつばさの後を追うように、クモヤが夜の板谷峠へ向けて発車していった…。

聞くところによると、今回の回送は廃車に伴うものだとも聞くが、詳しいことは分からない…
もしそうだとするならば、最初で最後の撮影になってしまうのかもしれない…
  1. 2014/11/04(火) 23:07:25|
  2. 山形線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (239)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (22)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (55)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (27)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (16)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク