桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

夕刻の米坂線、ホキ工臨返空スナップ

バラスト散布作業を終えた列車を小国駅手前で待ち構える。
列車を待っていると近くの住民が声をかけてきたのだが、「茨城から来ましたw」と伝えると大層びっくりしていたw
ずいぶんカメラを持った人が集まっているから何事かと思ったそうだww

DSC_0137t(1).jpg
2014-4-25 工9130レ 米坂線 越後金丸-小国

線路端にはスイセン、背後には防雪林…雪国の春らしいカットが撮れた♪

通過後小国駅へ…
入場券を買って、ホームより入換を見学。

DSC_0138t.jpg
此処は白い森の国、小国

DSC_0139(1).jpg
入換は二人態勢

DSC_0140(1).jpg
振られる青旗

DSC_0141(1).jpg
これより連結!

一通り見学&撮影したら再び沿線へ。
越後片貝~越後下関にある鷹ノ巣展望台へ登った。
午前中に一度上ってロケハンした時はすいすい登れたのだが、機材を背負っただけ脚にくる…!!
やっとこさ登り詰め、弾む息を静めながらカメラをセッティング…デジは奥、ポジは手前で切ることにした。
少々ガスっぽいが、夕日を遮る雲ひとつなし…!
刹那、ゆっくりと空ホキを牽いてDE10が現れた!

DSC_0142(1).jpg
2014-4-25 工9131レ 米坂線 越後片貝-越後下関

新緑が始まったばかりの荒川沿いとまだ雪が残る丸山…
水郡線のロケーションも素晴らしいが、米坂線も凄い!
遥々茨城から来た甲斐があった……☆

これにて撮影終了…機材を車に積み込み、またいつか来ようと見返りつつ、米坂線をあとにした。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/28(月) 18:32:21|
  2. 米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米坂線、ホキ工臨の現場へ

越後大島で撮影後、追跡を開始!
越後下関で対向列車待ちで停車しているうちに、越後片貝手前のトンネル飛び出しへ先回り。

DSC_0111B(1).jpg
2014-4-25 工9130レ 米坂線 越後下関-越後片貝

撮ったら急いで追跡!w
久々の追っかけに妙にテンションが上がってしまった…

バラストを散布する区間は越後片貝~越後金丸の間。
ちょうど線路をオーバークロスした先に作業員が集まっているのを確認、岩船ダムへの踏切付近で待ち構えた。

CSC_0144.jpg
同日 工9130レ 米坂線 越後片貝-越後金丸

微速で進むDE10、谷間に木霊するバラストを撒く轟音…!
常磐線で夜間のホキ工臨の現場を撮影したことはあるが、日中の現場は初めての撮影…♪
運転士と作業員の素晴らしい連携で、作業は30分足らずで終了した。

DSC_0127t(1).jpg
まもなく新緑の季節を迎える荒川沿いの山々と…

DSC_0131(1).jpg
作業を終えた列車は現場監督と連絡を取り合った後、折り返しの為小国へと向かう…
ちょうど放水をしていた岩船ダムの横を、身軽になった列車がゆっくりと通過していった。


つづく…!
  1. 2014/04/27(日) 19:36:31|
  2. 米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪まだ残る小国街道、ホキ工臨を追って

「米坂線で工臨あり!」

興味深い一報に、一週間前からソワソワしていた(苦笑
水郡線でもホキ配や試単など撮りたいものあったのだが、歯を食いしばって我慢!

25日、現地の天気は終日良しとの予報に早朝より自宅を出発、
常磐道から磐越道を経由して東北道は福島飯坂まで……の前に、三春に寄り道w

DSC_0100(1).jpg
2014-4-25 三春滝桜

日本三大桜の貫禄は伊達じゃあない、相変わらず見事だね!
満開から散り始めの頃合といったところかな?
周辺はすっかり整備されて、初めて見に行ったときとはまるで景観が変わっちゃったなァ…
観光客が増えてきたので、最後にぐるっと見てまわって滝桜を後にした。

万世大路こと国道13号線で栗子越え、去年の同時期、リバイバル鳥海を撮りに真夜中の月山越えをした以来の山形入り。
米沢市街を抜けて長井街道から小国街道、手ノ子、伊佐領を越えて小国へ…

初めての米坂線…
工臨までにはまだまだ時間があるので、沿線をゆっくりロケハンしながら新潟県へ入り、越後大島駅に至る。
ホームのそばには桜が満開、米坂線最初の一枚はここで撮ることにした。

DSC_0109(1).jpg
2014-4-25 工9130レ 米坂線 越後大島

ゆっくりのんびりとやってきたホキ工臨!
牽引するのは長岡車両センター所属の1680号機…旋回窓のDE10は水郡線じゃあ撮れないね♪

通過後、地元の御同業の後を追うように追っかけを開始した。


…つづく!

  1. 2014/04/26(土) 00:45:14|
  2. 米坂線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水郡線、はじまる新緑上小川、散りゆく戸津辺のエドヒガン

県内は花が散り葉桜になり、いよいよ新緑の季節がやってくる…
検明けのホキを迎えにDE10が単機で郡山へ向かうとのことで、朝早めに水郡線へ繰り出した。

DSC_0086(1).jpg
2014-4-16 320D 水郡線 袋田-上小川

まずは鷲ノ巣の塩梅をチェック。
斜面のサクラはちょうど見ごろ、落葉樹は芽吹いて葉が開き始めたってところか…
いい陽気が続けば来週はもっと鮮やかなパステルカラーになるだろうな…♪

北上して矢祭山へ。
出店から漂う香ばしい香りに負けて奥久慈しゃものぼんじり焼きを食べつつ山登り…

DSC_0089t(1).jpg
同日 324D 水郡線 東館-矢祭山

春の矢祭山。
こちらもサクラは良い頃合…ただ新緑はまだまだってところかな…

そして本命の単回を撮るべく戸津辺へ。

DSC_0093(1).jpg
同日 単9891レ 磐城石井-磐城塙

…残念!
やはり1週間は保たなかった…辛うじて東側の花が散りつつも残っている…
間もなく葉桜になろう戸津辺のサクラの傍らを、DE10がゆっくりと通過していった。
心なしか運転士の目線もサクラに向けられているように見える…

まァここまで散ってしまうと「矢祭山の方が良かったのでは?」と意見もあるかもしれない、
しかしこれだけの大木になると、“散り際の美しさ”といいますか“燻し銀の風格”といいますか…
なにか違う魅力に惹き付けられるのです…

地元の人の話では、近年目に見えて衰えが進んでいるそうだ…
しかし来年もまた花を咲かせ、その素晴らしい姿を写真に収められるよう願わずにはいられない。
  1. 2014/04/16(水) 17:18:46|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄昏時の高浜、散り始めの桜とパーイチ単回

9日、水郡線からの帰り足でそのまま高浜へ…工6382レの単機回送を待った。

DSC_0070t(1).jpg
2014-4-9 単6383レ 常磐線 高浜-石岡

いよいよ散り始めた桜の横を、パーイチがトコトコと水戸へ帰っていく…
…星ガマを単機で撮ったのは久しぶりな気がした(苦笑
  1. 2014/04/13(日) 21:51:00|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水郡沿線の名木、戸津辺の桜の満開

DE10の単回があるそうなので、いよいよ桜本番の水郡線へ

まずは岩井橋のオーバークロスで1枚。

CSC_0069.jpg
2014-4-9 単1891 水郡線 山方宿-中舟生

…遅切った…勿体無い…(苦笑
気を取り直して県境、大子や矢祭山の塩梅を見ながら矢祭町へ

DSC_0056(1).jpg
福島県指定天然記念物 戸津辺のサクラ

見事!
去年、その存在を知った推定樹齢500年、早咲のエドヒガンの一本桜。
…三春の滝桜ほどではないが、遠くからでも見えるその存在感は凄いの一言…
去年は鳥による食害で頂点部だけぽっかりと花がなかったのだが、今年はきれいに花が咲いたそうな。

DSC_0063t(1).jpg
同日 8325D 水郡線 磐城石井-磐城塙

撮りたかったサクラ越しの水郡線!
…来週までには散っちゃうだろうなァ~…

ともあれ茨城県北から福島県南はいよいよ桜本番…!
桜カット量産したいね!
  1. 2014/04/10(木) 23:22:10|
  2. 水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2094レ、右籾ストレートにて

仕事が上がって時計を見ると、2094レに間に合いそうだ…
「そういやあそこの桜ちょうどいいんじゃないか?」と土浦~荒川沖の右籾地区へ。

DSC_0053t(1).jpg
2014-4-7 2094レ 常磐線 土浦-荒川沖

残念ながら光線が通過に間に合わず…ホワイトバランスを変えてシュート(苦笑
ちょっと写り込む物が多いが、満開の桜に金太郎も両パンともビシッと上がっていて満足である♪

  1. 2014/04/08(火) 00:42:28|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

隠居の金太郎、57歳の春

鹿島鉄道の廃線から7年…
解体を免れ個人へ譲渡されたキハたちの内の1両が、通勤途中の国道沿いから見える。

DSC_0049(1).jpg
2014-4-6 小美玉市某所

昭和32年製のキハ432。
小柄な車体にクリームと朱色の金太郎塗り…
小川高校下~桃浦間でトップスピードになると、
スプリングが利き過ぎるロングシートの上で尻が跳ねたのも良い思い出…

車齢57歳…屋外保存とはいえ、定期的に塗装作業がされているのでいつもピカピカ♪
末永い保存をお願いしたい。
  1. 2014/04/07(月) 23:49:42|
  2. 回顧録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の風はまだ冷たし磐州路、ロンチキ返空

私にとっては去年の7月末以来、ED75が牽引するロンチキを撮影するチャンスがやってきた。
ちょうど天気も悪く仕事は休み、朝早くから常磐道から磐越道を経由して福島へ…!

前回は松川界隈で撮影したので、今回は東福島駅の近くの弧線橋へ腰を据えた。
今回のロンチキ工臨は取卸し後、黒磯からPFに牽かれて宇都宮どころか小山まで下った後、岩切へ戻るという
なかなか珍しい工程…
そのためスジもよく分からず……安達太良山の方から吹き降ろしてくる冷たい風に耐えながら、時折通過する
貨物列車を撮りつつじっと待つことに。

そして13時過ぎ、やっとこさ赤べこがロンチキを牽いてやって来た

CSC_0038.jpg
2014-4-4 工9595レ 東北本線 福島-東福島

いつもの撮影なら「晴れろ!晴れろ!」とお天道様に願うが、東北本線の下りとなると晴れては逆光…
「曇ったまんまでいいよ!」と真逆の神頼み(苦笑
本当はもう少し引いた画像を上げたかったのだが
…架線柱にパンタを串らせてしまったので、一本奥で切ったのを掲載。

帰りは小野を過ぎた辺りから天気が急変、日立付近では高速走行中に雹に降られて肝を冷やした…
  1. 2014/04/04(金) 22:26:14|
  2. 東北本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜が咲いた!高浜道で安中貨物

安中貨物に三男坊が就いているそうなので、この日は高浜道へ。
ちょうどJA共済連石岡センター敷地内の桜がほぼ満開となっていた♪

DSC_0007t(1).jpg
2014-4-1 5094レ 常磐線 石岡-高浜

1エンド先頭でタキ12B+トキ6Bのフル編成!
…もう少し桜を取り込みたかったのだが、色々と障害物が映りこんでしまうので妥協…(苦笑

  1. 2014/04/01(火) 22:41:51|
  2. 常磐線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (239)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (22)
釜石線 (3)
北上線 (8)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (55)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (8)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (27)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (16)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク