桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

秋田遠征の締め括り、秋田港探訪

八郎潟を望む高岳山から583系のわくわくドリーム号を撮影した後、国道7号線を南下して秋田港へ向かった…
「こんなところまで来たのだから」と秋田臨海鉄道を一目見ていきたかったのである。

秋田港のシンボル、ポートタワーセリオンの膝元にある秋田臨海鉄道の秋田港駅に到着したが、
コキはあれどDLは寝ているようである…休日ゆえ動いていないのか…
帰路も遠いし諦めて帰ろうかと思ったところに汽笛が聞こえた。


2016-9-4 秋田臨海鉄道 構回????レ 秋田港駅
構内の奥から現れたのは仙貨から秋田へ出張に来ているDE10-3512号機。
元はDE15-2513号機、旧所属区は郡山だったそうだ。

DSC_0463_convert_20160918093050.jpg
同日同上(開いている踏切から撮影)
理由はわからないが、ナンバープレート上のフック金具が中心から大きく右にずれて付いている…
日本海側とはいえこの日は暑く、通風ハッチから乗務員室扉まで全開にして涼を求めていた。

DSC_0450_convert_20160918093141.jpg
最後に構内に留め置かれているDL達をスナップして、秋田港をあとにした…。
正直もう少し居たかったのだが、ホント家までの距離が距離だけに泣く泣くの撤収である…


距離のネックさえクリアできれば、秋田県は何度でも訪れたい所である…
また行きたいなァ…
スポンサーサイト
  1. 2016/09/18(日) 10:04:30|
  2. 秋田臨海鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真岡のC11、忙しなく大宮工場へ配給

仕事が忙しく、なかなか更新が追いついてこない(^^;

只見線への出張から戻ったC11-325が、脚も落ち着かないうちに検査のために大宮工場へ配給された。
仕事の現場がうまいこと県西地区だったので、合間を見て八反田へ…


2016-6-6 臨配9100レ 真岡鐡道 折本-下館二高前
すくすくと育って稲の丈も伸びた田んぼ端を、DE10-1535に牽かれて静々と行く。

通過後、下館駅へ。

DSC_0801_convert_20160617021000.jpg
JRと二社共同で入換作業…相変わらず連結から入換までの手際の良さに感心する。

DSC_0806t_convert_20160617021113.jpg
推進でそろそろと水戸線内へ…。

DSC_0812t_convert_20160617021244.jpg
入換作業を完遂させ、入換掛さん達も人心地。

DSC_0813_convert_20160617021337.jpg
発車時刻までゆったりとした時間が過ぎる下館駅であった。


これにて撮影終了、水戸線内での配給撮影はパスして仕事へ戻った。
  1. 2016/06/17(金) 02:35:22|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満開の桜並木の下を駆け抜ける!C12-66号機、雨の試運転

なかなか仕事が忙しく、更新が追いつかない…(^^;
ほぼ1週間前になってしまったが…更新をば…

大宮工場を大幅に遅れて出場し、真岡へ戻ったC12-66が試運転を実施しているとの連絡を頂いた。
ちょうど雨で仕事が休み、家で暇を持て余していたので急いで真岡へ急行。
桜と菜の花が見頃を迎えた北真岡駅のホーム端よりカメラを構えた。

DSC_0278t_convert_20160413231429.jpg
2016-4-7 試6002レ? 真岡鐡道 西田井-北真岡
桜並木の中を行く試運転列車…おかえり66号機!

雨の平日とはいえ、満開の桜に菜の花だ、そこそこ人出があるだろうと思ったが…
実際にカメラを構えていたのは私を含めて片手指数えるほどであった。
…今の時期、土日ともなれば「被る!邪魔だ!」と罵声飛び交うこの区間…その静けさといったらなかった。

  1. 2016/04/13(水) 23:18:13|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もやって来た桜の季節、寺内駅桜の景

春のダイヤ改正も終わり、各線落ち着きを取り戻しつつあるところに、
今年も桜前線が北上してきた。

田植えに向けて、苗箱に種籾を蒔く作業が一段落。
ようやく大宮から出場してきたC12-66の配給もあったが、すでに真岡に入ってしまった…
ともあれ桜の塩梅でも見ながら6103レを撮ろうかと、真岡鐡道の寺内駅へ向かった。

DSC_0565t_convert_20160403013214.jpg
2016-4-2 6002レ 真岡鐡道 寺内
ギリギリ上りもおか号に間に合ったので、駅先で撮影。
思いの外桜の開花が進んでいて驚いた…これなら来週は見頃だろう。

駅のホームへ移動してDE10-1535牽引の6103レを待つ。
曇り空の夕刻、露出が厳しくなってきたのでホワイトバランスをちょいと変えて…

DSC_0573t_convert_20160403013401.jpg
同日 129D


DSC_0594t_convert_20160403013458.jpg
同日 6103レ

引いてさらに1枚。

DSC_0595t_convert_20160403013552.jpg
同日同上

これにて撤収!
来週来れるかなァ…♪
  1. 2016/04/03(日) 03:04:41|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

変わる客車の両数、SLもおかあれこれ

水戸線の鬼怒川橋梁にてC12-66の配給列車を撮ったら、真岡鐡道へ移動。
天気もぬる晴れから空気も抜けて快晴に転じてくれた、これはシルエットを狙いたい♪
益子の小貝川橋梁にてカメラを構えた。

CSC_0388_convert_20160111231253.jpg
2016-1-11 6002レ 真岡鐡道 益子-北山
白煙を残しながら、SLもおか号が行く…
C12の配給に伴い、この日のSLもおか号は客車の両数を1両減らしての運転…
ほぼ橋梁上で全編成収まってしまったw

撮ったら真岡駅で停車しているうちに折本の先へ…。

DSC_0390t_convert_20160113182702.jpg
同日同上 真岡鐡道 折本-下館二高前
今度は真岡で客車もう1両増結してDE10も付いてきた☆
いつもと違う光線下で回6100レを撮っている気分だったw
…とはいえSLの重連運転の時も、復路の真岡-下館間はこうなるんだけどね…(^^;

DSC_0393t_convert_20160113182746.jpg
同日同上 6103レ
〆は夕陽ギラリを狙ったが、立ち位置の読みが外れてそこまでギラッとはならなかった(苦笑

これにて打ち止め、機材を片付け撤収した。
初めてSLの配給を撮り追ってみたが、大手と私鉄の共同による組成作業はなかなか見ごたえがあったな…♪

  1. 2016/01/13(水) 18:45:29|
  2. 真岡鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (224)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (20)
釜石線 (3)
北上線 (6)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (77)
磐越東線 (13)
常磐線 (52)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (3)
烏山線 (4)
日光線 (2)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (1)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (7)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (25)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (14)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク