桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

新潟車両センターの箱入り娘、白昼の越境

雨水の頃を過ぎ、里では梅の花が咲き誇っている。
新潟車両センターに所属しているクモヤ143-51が、大宮工場へ入場するとの報を受け、国境へ赴いた。

実はこのクモヤ143-51、霜取り運用などでわりかし目につく松本車両センターの僚機クモヤ143-52と違い、
なかなか表舞台に出てくることがない“箱入り娘”なのだそうだ…

DSC_0261t_convert_20170224223137.jpg
2017-2-23 配9760レ 上越線 湯檜曽-水上
EF64-1001にエスコートされ、水上橋梁を行くクモヤ143-51…。

DSC_0265t_convert_20170224223213.jpg
同日同上 上越線 水上-上牧
ちょいと見えにくいが、クモヤ143の前面左上に書かれた「1」の文字が51号車の証。

水上を発車した配給列車は追っかけが利かないのでここまで。
帰りがけ735Mが撮れそうだったので、津久田の手前で1枚…

DSC_0266t_convert_20170224223240.jpg
同日 735M 上越線 敷島-津久田
沿線に梅の花を見つけたので絡めてみた…

これを撮って打ち止め、永井食堂でもつ定を食して帰途についた。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/25(土) 00:12:00|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏空の越後湯沢、E655系の返却回送、清流を行く

さてさてだいぶ放置してしまったが、私は元気であります(^^;
庭稼業にとって盆前と暮れは一番の書き入れ時、仕事が忙しくなかなかカメラを持てない…。

関東地方がやっとこさ梅雨明けした翌日、早朝より関越道を北上する。
新潟地区にてE655系ハイグレード車両を使用した訓練が終了、回送のため日中の上越線を上ってくるそうだ。
晴れれば水上の手前、諏訪峡の辺りで迎え撃とうかと思っていたが、どうもすっきり晴れない…
そのまま関越トンネルを抜けて国境越え、新潟県へ入った。

国境の長いトンネルをぬけると…夏空であった。

清々しい青空、これは良いかもと撮影場所の候補にしていた魚野川橋梁へ…
草木が伸びて全編成は入らないが、川面と青空をいっぱい入れた広角構図でE655系を待つ。
そして定刻、川音の中に警笛が響いた!

DSC_0081t_convert_20160731225421.jpg
2016-7-29 回9730M 上越線 越後中里-土樽
谷川連山から流れる清流魚野川、水は透き通りひんやりしていている…
そんな清らかな川面に足を浸けながら、シャッターを切る…最高に気持ちよかった…♪

撮影後はゆっくりと撤収、谷川岳SAにて名物もつ煮定食を食して帰途についた。
  1. 2016/07/31(日) 23:18:51|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらば2機のDE10、旅立つ姿を渋川にて見送る

JR貨物新鶴見機関区川崎派出

もっぱらJR東日本の宇都宮運転所に所属するDE10を水郡線などで追いかけまわしているため、
私にとっては正直馴染みの薄い所属名であった…

そんな川崎派出から貴重な元九州色を纏う2機のDE10がEH200に牽かれて東新潟へ配給されるという…
今回配給されたのは1153号機と1556号機。
前者はともかく後者の1556号機は昨年の2月、特大貨物用のシキ801を牽くために常磐線を走ったことがあるし、
私も単機回送ながら高浜の築堤でその姿を撮っているので、馴染み薄いなりにも気になっていた…

仕事にキリが付いたので、昼時の北関道を一路高崎へ急ぐ。
伊勢崎を過ぎると右手に赤城山、さらに奥には谷川岳も見える…!
一瞬「水上の手前まで入り込むか…?!」とも考えたのだが、夕方から曇ってくるという予報と、
配給列車のスジ的にも厳しいかもと断念、渋川のインター近くで見送ることにした。

DSC_0042t_convert_20160223150453.jpg
2016-2-22 741M 上越線 八木原-渋川
まずは先行電で構図を決める、デジは水上方面、ポジは赤城山方面に向けてスタンバイ。
やがて踏切が鳴り、配給列車がやって来た。

DSC_0043t_convert_20160223150350.jpg
同日同上 配8789レ
ゆっくりとした足取りで新潟へ…陽が沈む頃には、あの雪山の向うである。
ほとんど撮ることなかったが、長い間お疲れ様でした…

…今後も同様に、関東から姿を消すDE10やDE11も少なからずあるのだろうなァ…
  1. 2016/02/23(火) 16:16:40|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛暑下のロッククライミング、上越線水上チキ工臨

梅雨明けはまだだが晴れ間が続いている、連日の真夏日である…(^^;
上越線にて水上工臨が運転されるということで、早朝より北関道を群馬県へと愛車を走らせる。

まず往路は、以前から撮りたいと思っていた綾戸の俯瞰ポイントから狙おうと現地にてロケハンを開始。
望遠鏡でそれらしい“抜け”を探すも、木々が生い茂り特定が難しい…
ならばといつものように地下足袋で足元を固め、腰には仕事道具を提げて、国道沿いより藪の中へ分け入った。
途中獣道を見つけて辿っていたのだが、いつの間にかシノ藪に入り込んでしまい方向を見失う…
とにかく傾斜を上へ上へと登って行くと、落石防止用の金網が途切れた…
太く絡みついたフジ蔓を手繰って断崖をよじ登る…ザイルを忘れてしまったので、落ちたら大ケガ以上だと慎重に進む。
すると前方に明らかに人が歩いた形跡を見つけ、クライム開始から1時間半、ようやく俯瞰ポイントへ辿り着いた…!

弾んだ息を落ち着かせながら三脚とカメラをセット、練習電はとっくに行ってしまったので本番一発に集中する。
ファインダーを覗いて息を殺していると、棚下トンネルから青い機関車が飛び出してきた。


2015-7-13 工9791レ 上越線 津久田-岩本
夏光線の逆光という厳しい条件だったが、目標だった綾戸俯瞰をPトップで頂戴できて感激であった☆
機材を片付け、帰りは水が引いた沢を見つけて沢伝いに下山した。

車に戻ったら水上へ向かう。

DSC_1032_convert_20150713232149.jpg
同日 単9790レ 上越線 水上
水上にチキを届けたPトップは単機で高崎へ戻る。

DSC_1033_convert_20150713231734.jpg
湘南色の115系が水上に到着、Pトップを並んだところをスナップ♪

これを撮ったら撮影場所を諏訪峡に移す。
銚子橋の袂から、岩壁伝いに利根川へ下りる…流れる水は透き通り、涼しい川風を運んできてくれる…
だが、こちらも綾戸の俯瞰同様、足を滑らせたら大変なことになるのでそう悠長に構えてもいられなかったが…(苦笑

DSC_1034t_convert_20150713231821.jpg
2015-7-13 単9790レ 上越線 水上-上牧
清らかな利根川の流れを横目に、仕事を終えたPトップが塒へと帰ってゆく…
ホントに水がきれいで吸い込まれそうだった。

このカットにて打ち止め、散々歩き回り汗だく&泥だらけになってしまったので、水上の温泉施設で日帰り入浴♪
さっぱりリフレッシュしたところで永井食堂に立ち寄り、名物のもつ煮定食を食して帰途についた…。
  1. 2015/07/14(火) 00:21:03|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋深まる頃、115系訓練車を上越線に追う

間もなく十五夜の頃…
まだ少々暑い日もあるが、空や吹く風はだいぶ秋めいてきている。

上越線にて、115系の訓練車を使用した長岡地区長大トンネル異常時訓練が実施されるということで、
2年ぶりに水上へ赴いた。

DSC_0600t.jpg
2014-10-3 試9792M 上越線 湯檜曽-水上
思いのほか現地は快晴♪
澄んだ流れの利根川と青空を入れて縦アンでシュート!

撮影後、折り返しの回送を狙うべく関越道を使って先回り。
しかし関越トンネルを抜けると見事なまでのどん曇り…
さすが谷川岳…天気を左右する壁だな…

DSC_0608t_convert_20141003180909.jpg
同日 回9793M 上越線 八色-小出
訓練を終えて長岡へ戻る訓練車…遥々お疲れ様である。

これにて撮影終了、せっかく小出まで来たので、前々から拝観したかった西福寺開山堂へ立ち寄りながら帰宅した。
  1. 2014/10/03(金) 18:51:07|
  2. 上越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (235)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (21)
釜石線 (3)
北上線 (7)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (54)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (7)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (26)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (15)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク