桃浦停車場-ももうらすてんしょ-

茨城は霞ヶ浦湖畔に住まう鉄道写真愛好者、特急しらほの撮影記です。

緑深まる北上線、DE10重連によるチキ工臨

北上工臨が走るとの報を受け、車を軽に乗り換えて初の仙台以北へ…
最近の軽ワゴンは天井が高いので、これが辛うじて軽でも長距離運転していける要因でもあるようだ…(^^;

三陸道に入ってすぐ、陸前山王駅が左手に見えてくるのだが、構内でED75がチキへの連結作業している、
「よし、これは確定だ」とそのまま東北道へ進み、一ノ関へ。

DSC_0030_convert_20170707224059.jpg
2017-6-19 東北本線 一ノ関
まずは構内にてエンジン始動から仕業点検を見学、運転士一人で2機のDE10を始動、点検していく様子を
じっくり観察できた。

DSC_0053t_convert_20170707224155.jpg
各点検完了し、出区していくDE10-1647+1759

陸前山王からED75に牽かれてきたチキへのバトンタッチを見学した後、北上線へ先回り。
はじめ錦秋湖と絡めて撮ろうと思っていたのだが、思いの外水位が低く茶色の湖底がむき出し…
これはちょっと…と場所を変え、ほっとゆだ駅の先、小繁沢の田んぼ端へ三脚を据えた。

DSC_0087t_convert_20170707224912.jpg
同日 工9793レ 北上線 ほっとゆだ-ゆだ高原
緑深まる北上線を行くチキ工臨…
久々に北上線へ来たが、やはりこの路線は良い♪

通過後追跡を開始、列車を横目に抜きつ抜かれつを繰り返しながら相野々付近で追い抜けた。

DSC_0109t_convert_20170707224826.jpg
同日同上 矢美津-横手

これを撮って打ち止め、
すぐ近くまで来たので、例により阿櫻酒造へ立ち寄り美味しそうな新酒を購入、帰途へ就いた。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/08(土) 00:22:57|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の北上線、重連のDE10に牽かれてロンチキ返空を追う

だいぶ更新が滞ってしまっているが、鮮度が良いものからあげて行こうか…

北上線にてロンチキ返空が走るという事で、前夜に家を出発し岩手県へ。
午前3時に東北道の前沢SAに到着、単独行に慣れているとはいえ、深夜の長距離運転は堪えた…
夜明けまで仮眠し、朝食も済ませて再出発、北上江釣子ICで高速を降り、国道107号線でほっとゆだ駅へ。

天気予報では曇りのち晴れという事だったが、現地は雨で風も強い…
とりあえず時間もあるのでほっとゆだ駅に併設されている温泉で朝湯をもらう♪
さっぱりポカポカしたところで錦秋湖の畔へ移動、赤トラスの鉄橋をサイドから狙う場所へ三脚を据えた。

DSC_0567t_convert_20160514005051.jpg
2016-5-12 工9792レ 北上線 ほっとゆだ-ゆだ錦秋湖
通過直前まで吹き付ける霧雨に難儀したが、ふっと止んだところで列車がやって来た。
盛岡常駐機のDE10-1762+1765がロンチキを牽いて、新緑真っ只中の錦秋湖を渡ってゆく…
憧れだった重連DL+ロンチキをついに撮り収めることができた…!

撮ったら急いで追跡開始!
岩沢の手前、駆けあがりポイントにギリッギリのところで滑り込んだ。

DSC_0573t_convert_20160514005214.jpg
同日同上 北上線 和賀仙人-岩沢

ここから先は市街地になるので、過度な追跡はNG、
列車交換のため藤根駅で停まっている間に追い越し、江釣子のオーバークロスでラストカット。

DSC_0577t_convert_20160514005337.jpg
同日同上 北上線 江釣子-柳原
このカットにて北上線内での撮影は打ち止め、ダメ元で東北本線の六原駅へ寄ってみたが、
到着と同時に目の前を通過されてしまい、電化区間での撮影はできなかった…(^^;

とはいえ3カットも撮れれば自分の中では上出来!
そのまま南下して一ノ関駅へ向かった。

つづく。
  1. 2016/05/14(土) 01:39:15|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大寒の頃、雪の北上線へホキ配を追う

今冬最強の寒波に襲われる日本列島…暖冬ではなかったのか…(;'∀')

大寒の21日、北上線へホキ配給を撮るべく北上した。
常磐道から仙台北部道路を経由して東北道を北進、宮城県を越えて岩手県へ至ると、
雪が目立ち始め、北上JCTから秋田道へ入ると去年来た時同様、見事な雪景色になった。

DSC_0438t_convert_20160126051015.jpg
2016-1-21 雪????レ 北上線 ほっとゆだ-ゆだ高原
ホキ配の前に運良く撮れたのがENR1000による排雪列車!
ほっとゆだ駅を横切った時、構内に居るのがちらっと見えたので、慌てて大野台へかんじき履いて踏み込んだ。
排雪作業は往路でほとんど済んでしまったのか、復路はほぼ回雪状態でやってきたが、いい記録になった(^^♪

撮影後、ホキ配を撮るべく錦秋湖の辺へ…
除雪によりうず高く積まれた雪の上によじ登って三脚を据えた。

DSC_0444t_convert_20160126051105.jpg
同日 配9793レ 北上線 ゆだ錦秋湖-ほっとゆだ
さらさらのパウダースノーにジョイント音ですら消されてしまうような静けさの中を、
郡山を出場してきた東能代常備のホキ2車を牽いて、デーテンが行く…
以前から撮りたかった雪景色の錦秋湖と赤トラス橋…編成は短いとはいえ、満足であった。

撮ったら追跡開始!
ツルテカアイスバーンの国道107号を、庄内ナンバーの大型トラックに後ろから煽られながら相野々へ。
路面は凍結しているが、乾いているからか先日の磐城石川チキ工臨を追いかけた時と比べたら
全然タイヤ噛んでたし、滑らなかった…(苦笑

DSC_0450t_convert_20160126051218.jpg
同日同上 北上線 相野々-矢美津

このカットにて打ち止め、とりあえず2枚切り取れたのでヨシ。
身体も冷えてしまったので、巣郷温泉で日帰り温泉浸かってリフレッシュ☆
以前購入して以来すっかりその味に魅了されてしまった横手の銘酒「阿櫻」も購入し、帰途についた。
  1. 2016/01/26(火) 20:58:04|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立秋前日の北上線、山分け入り葦毛沢俯瞰

「北上線にてチキ工臨有り」との報を頂き、東北道を北へ…
今年3月、SL銀河PDCの臨時回送を撮影にした以来に錦秋湖へ向かった。

今回はずっと前から撮りたい、機会に恵まれたらぜひ撮ろうと決めていた
西和賀町無地内にある葦毛沢俯瞰を目指す。

国道沿いの路側帯に車を停め、いつものように山登りの身支度を整える…
今回は熊対策として、熊鈴と熊笛に腰鉈を装備に追加した。
事前に調べた登山ルートを頼りに、ぬかるむ林道入り口よりアタックを開始!
しかし、足元のヤブ草は腰丈まで伸び茂っていて林道とは思えない荒れっぷり…
が、比較的新しい踏み跡が今にも埋もれそうになりながらも細々と続いてる…踏み跡を頼りに登り続ける。
やっとこ林道の終点へ辿り着くと、今度は雑木の生える急な傾斜を登り詰めてゆく…
水郡線でもよく山には登るが、それ以上に傾斜はきつく、距離も長い…
途中何度も木にしがみついては、荒れる息を整えつつ水分を補給、登り始めて約1時間、ようやく山の背へ登り詰めた。

登り詰めたら今度は撮影場所である“抜け”を探す。
しかしこれがなかなか見つからない…
重い足を引きずりながら山の中を右往左往していたが、ついにそれらしい抜けを見つけた!
ふと時計を見れば列車の通過時刻まであと10分…もはや「疲れた」と項垂れている暇もなく、
大急ぎで三脚を据え、カメラをセッティング…サブのカメラを据え終えたところで遠くエンジン音が聞こえてきた。


DSC_0166t_convert_20150808232341.jpg
2015-8-7 工9793レ 北上線 ゆだ錦秋湖-ほっとゆだ

絶景。
その一言だを私は思った。

さて、撮ったらすぐさま機材をリュックに仕舞って下山開始…夏場とはいえ15時を過ぎれば陽は傾き始める、
コンパスを使いながら自分で付けてきた踏み跡をたどって麓へ戻った。
林道を出た瞬間のあの「ほっ」とした気持ちは忘れられないだろうな…(^^;

気が付けば服は汗と泥でぐっちゃぐちゃ…機材を車に積んだら、
そのまま錦秋湖のほとりにある温泉施設「穴ゆっこ」へ。
ほとんど貸切状態で温泉に浸かってリフレッシュしてから、遠路帰宅の途についた。
  1. 2015/08/09(日) 00:28:29|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

春めく頃なれど残り雪深し北上線、SL銀河PDC臨時回送列車を追う

3月最初の週末に釜石線へ訓練列車を撮りに岩手県へ行っておきながら、
次の週末にも再び岩手県へ……正確には秋田県にも片足入ってしまってるのだが…(^^;

釜石線でハンドル訓練を終えたSL銀河のPDCが、何らかの検査のため青森まで回送されるとの情報を頂いた。
しかも“北上線経由”…この時点で心は大きくグラついた…
もうお決まりのように天気予報をチェックすると、現地は晴れ先行の予報、
おまけにライブカメラの画像を見れば、黒沢の辺りは真っ白…
前回と同じく馴染みの御同業2人も話に乗ってくれた…これは行くしかない!

とはいえスジは盛岡を正午過ぎに出てくる午後スジで、北上線内は途中停車無しの韋駄天スジときたもんだ…
まァ2発も撮れれば上等だろうと、陽が昇ってからゆっくりと千波湖畔を出発、常磐道を北上する。
遠く山頂まではっきりと姿を現した冠雪の蔵王山や船形山を左手に見ながら東北道を進み岩手県入り、
北上江釣子ICより国道107号で横手方面へ…横川目を過ぎると一気に沿道が真っ白になってしまった(^^;

列車が来るまではまだまだ時間があるので、3人で雪の深さに驚きながら沿線をロケハン…
去年末に24系の廃車回送で来た時よりもうず高い雪壁に阻まれながらも、数か所アングルを保留する。

そろそろ1発目の準備をしようと、まずは湯田庁舎の下にある錦秋湖湖畔公園へ。
足元に公園の案内看板が雪に埋もれているのだから、私の背丈くらい雪が積もっているのだろう…
しまり雪とはいえかんじきを装備して布陣した。
間もなく通過時刻、それまで漂っていた雲も消えて眩しいくらいの雪晴れ!さァ来い!!


2015-3-15 回9733レ 北上線 ゆだ錦秋湖-ほっとゆだ
ヨシ!!!
牽くDE10-1761は2エンド先頭、頂いた情報ではPDC3両と聞いていたのだが、実際は4両のフル編成で
濃淡のある碧い塗装もきれいに揃ってくれた♪
なにより雪景色の和賀川で晴れカットが切り取れたのは本当に嬉しい!

通過後大急ぎで雪上を駆けて車に飛び乗り追跡開始する。
おそらくゆだ高原辺りで追いつけるのではないかと思っていたが、これがドンピシャ。
ゆだ高原の駅先で並走からの追い抜き、北上線は湯田高原CCを避けるように大きくカーブをしているが、
こちらはほぼ直線的なルート、若干のリードを保ったまま黒沢駅手前のカーブポイントへすべり込んだ。

DSC_0556t_convert_20150317025359.jpg
同日同上 北上線 ゆだ高原-黒沢
蒲坂地区のカーブを行く回送列車。
PDCの車体側面が鏡のようにツルピカなのもあって、雪の白が反射してしまった(^^;
まァこれはこれで…♪

2発も撮れれば上等とは言ったが、こうも容易に追いつけるとなると、もう一枚と欲が出る…
間に合わなければそれはそれでと再び追っかけ、相野々のカーブへ向かった。

DSC_0558t_convert_20150317025527.jpg
同日同上 北上線 相野々-矢美津
余裕で追いつけた☆
このカットを以て打ち止め、際立つスジとはいえ雪晴れカットを3枚も頂戴できて大満足であった♪

機材を片付けホッすると一気に腹が減った…
そういや朝飯におにぎり食べたっきり昼飯も食わずに撮っていた…(苦笑
帰りがけに東北道の前沢SAへ寄り、3人仲良く牛すじ丼を食して帰途についた。
  1. 2015/03/17(火) 05:28:04|
  2. 北上線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

ご来場者

プロフィール

特急しらほ

Author:特急しらほ
ようこそご乗車下さいました♪
当ブログでは、私、特急しらほが撮影した鉄道写真を公開しております。

生まれも育ちも茨城県!
庭師を生業としながら、カメラ片手に東へ北へ…
自分が撮りたいと思った列車を撮影しています☆
特に常磐線、水郡線、磐越東線へは頻繁に出向。
常磐道全線開通に伴い、さらに活動範囲が広がっています♪

【最寄駅】
JR常磐線 高浜駅
旧鹿島鉄道 桃浦駅

【使用機材】
ボディ:Nikon D90(メイン)
    F-601(サブ)
    Super Fujica6(好天時)

レンズ:AF-S NIKKOR18-55㎜
    AF NIKKOR35-135㎜
    AF NIKKOR35-70㎜
    NIKKOR S-CAuto50㎜
    TAMRON AF70-300㎜
    Fujinar 75mmF3.5
    (Super Fujica6)

三脚: Manfrotto#055B-Classic

2017-1-27プロフ更新

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

◆JR東日本 (235)
奥羽本線 (1)
男鹿線 (1)
東北本線 (21)
釜石線 (3)
北上線 (7)
石巻線 (2)
山形線 (1)
磐越西線 (4)
米坂線 (3)
水郡線 (80)
磐越東線 (14)
常磐線 (54)
信越本線 (1)
上越線 (5)
信越線(高崎-横川) (1)
吾妻線 (4)
烏山線 (4)
日光線 (3)
水戸線 (1)
成田線 (6)
鹿島線 (2)
総武本線 (4)
武蔵野線 (2)
武蔵野常磐連絡線 (1)
新金貨物線 (1)
内房線 (7)
東海道本線 (1)
小海線 (1)
◆私鉄各線 (26)
秋田臨海鉄道 (1)
仙台臨海鉄道 (1)
真岡鐡道 (15)
ひたちなか海浜鉄道 (7)
鹿島臨港線 (1)
銚子電鉄 (1)
◆その他 (24)
親父のニコン (10)
回顧録 (14)

リンク